虹色バス

 

誰もいない世界へ

私を連れて行って

 

元旦から友達にたくさんいろんな音楽を教えてもらった

宇多田ヒカルを聴きながらした夜のドライブが最高だったな

 

それでは2018年GOするために2017年の振り返りやりましょう。

 

1月

成人式があった。中学の友達はクラスの仲良かった友達としか会わずにあとは大体高校の子と会ったなあ。中学のクラス会行っておけば良かったと少し後悔した。中学の時好きだった人がスーツ着ていてカッコよく見えた。高校の時付き合ってた元カレと撮ったツーショットが1番盛れててむかついた。推しメンだった他校のイケメンの人と写真撮りたかったなあ。みんな変わっているようで、変わってない気がした。

 

2月

友達と旅行に行った!岐阜の養老に行って何にもないけどうちらなら楽しめるねって民泊の一軒家を貸し切って泊まったのが最高に楽しかった。あのメンバーとは一生付き合って行きたいな。本当に大好き。あと実行委員のメンバーでも旅行に行った。熱海は初めて行ったからとても嬉しかった。その時はまだ付き合ってた人と、仲良しな友達に囲まれて秘宝館に行ったり海鮮を食べたりした。3月から留学してしまう友達にみんなでプレゼントしたらその子が本当に嬉しそうでかわいいなあって思った。

あとラブホのバイトを始めた。

 

3月

卒業式が本当に本当に悲しかった。ちょうど仲良くなったタイミングでさよならなんてひどいよ。先輩たちと本当にもう会えない気がしたけど、友達だから会えるよと言われた時そうだなあって妙に納得してしまったな。高校の先輩の代の卒業式の時に、その先輩のクラスの後ろの黒板に小さく「また会えるよ、友達だから」と書かれていたことを思い出した。本当にまた会えたね。

 

4月

新しく入ってくる2つ下の1年生と接するのが本当に怖かった。実際入ってくれた子はみんないい子たちばかりで、入ってくれて良かったなあと思った。わたしたちとは違って積極的に遊びに誘ったりしていていいなあとなった。そしてノスタルジックにやられて少し病んだ。先輩すきすき病だから後輩がいる空間が少し嫌だったりした。横断ゼミも始めて、なんでこんなんやってんのって気持ちにもなった。

 

5月

GWなのに彼氏と遊べなくて悲しかった。他のみんなは彼氏と遊んでるのに!って思ったし、彼氏のわたしに対する優先順位が低いんだと思った。この辺から彼氏とうまくいかなくなる感じがした。でもGWに友達と漂流教室のレコーディングをしたことは結構大きなことだったな。そこで知り合えた人たちと今も交流があるってすごいよね。ちょうど自分の周りで漂流教室がとても思い入れの強い時期ということもあったし運命的なものを感じた。なんで生きてるのかをとても考えた時期だった気もする。

 

6月

初めてクラブに行ったらケータイを無くした。本当にバカでバカだなって言われても何も言い返せない。初めてのクラブはキラキラしていた。一緒に踊ったあのお兄さんは今どこで何をしているんだろうか。ケータイをなくした次の日に彼氏と遊んだのは楽しかったなあ。iPhone6sにした。

 

7月

夏!!!夏っぽいことしたっけなあ。あんまり覚えてないな。今カメラロール見ました。彼氏と鎌倉に行ってました。これは夏だろ。あとめちゃくちゃクリームソーダ飲んでた。クリームソーダってとても体に悪いらしいけど。あと初めてバイト先の人と飲んだのもこの時期かも。ずっと個人経営のお店でしかバイトやったことなかったから大手の店舗のバイトでバイトの人との飲み会っていうのが初めてで嬉しかったし楽しかったな。前期の期末テストはまずまずでしたね。

 

8月

生活が著しく死んでいた。夜勤夜勤秋田旅行夜勤草津旅行オールクラブオールみたいな生活をしていた。。本当にわたしのバイタリティやばすぎる!と自分で自分をとても褒めていた。8:30に夜勤が終わった後バイトの人と朝から飲んだのは最高だったな。でも8月前半は本当にいろんなことをしててよかったな。初めての夜勤、初めての草津、初めてのアゲハ、初めてのオール明けからの日勤…。でもオール明けからの日勤は本当に体調悪くなったからオススメしません。半ばあたりで帰省して、15歳の時に出会ったのに20歳になるまでこうして遊んでるのすごいねってノスタルジック感じたりした。そのあと好きな友達と三重に旅行に行った。伊勢神宮はやっぱり荘厳でかっこよかったな。この時期も夏休みなのに後半は彼氏と全く会えなくなって病んでた。

 

9月

彼氏と1年記念を迎えて嬉しかった。キノコ狩りに行ったのバカみたいな感じでよかった。けど結局9月の終わりに2人でジブリ美術館に行った帰りにフラれてしまった。めちゃくちゃ泣いてその時のことを今でも忘れられないな。そして友達がいてくれて本当によかったし大事にしたいし、わたしも恩返ししようと思った。フラれてから1週間ずっと飲み歩いてた。飲み歩いてくれた人たち、励ましてくれた人たち本当にありがとう。そしてなぜかこの時わたしの周りの人もみんな別れてしまっていて別れブームだった。

 

10月

わたしの何気ない一言で大好きで仕方なかった友達を傷つけていたことがわかった。唐突に言われてどうにもできなかったわたしは誰かと一緒にいるしかなかった。本当に心の黒い穴は全く埋まらなかった。周りの友達にはそんなやつ忘れなよと言われたこともあったけど、どうしても忘れることができなかった。わたしの弱さだ。けどラインもインスタもすべてブロックされて学校ですれ違っても無視されて、ブログにも「わたしの邪魔をするな」と書かれていた。わたしと彼女で話し合うことなど、向こうには何もないんだと思って諦めがついた。だから、ますますわたしの周りにいてくれる人をずっとできるだけ長く大事にしていたいと強く思った。誕生日ウィークにはいろんな人が祝ってくれて幸せ者だと感じた。みんないい人たちばっかなんだよな〜〜。

 

11月

ロロの演劇をお母さんと一緒に見たことが結構心に残ってるなあ。とっても綺麗で忘れられない演劇だった。忘れられない、というより忘れたくないかな。文化祭もあって、なんとかなるという気持ちでやってたら本当になんとかなったのでよかったなあ。実行委員に関しては今年は去年よりもモチベーションが低くて妥協に妥協を重ねてしまっていたので周りに迷惑かけたなあと思った。結果はまあまあって感じだった。できることならもう一回音楽企画やりたいなあ。ずっと、実行委員に入ってるみんなはどういう気持ちでやってるんだろう、友達作りとかそういうのじゃなく理由があるはずなんだと思ってやってたから、好きな先輩に「雉を愛してくれてありがとう」と言われた時本当に心から涙が出た。このことをわたし一生忘れられないな。もう1人、わたしの大好きな先輩にクサいけど「わたしの人生に関わってくれてありがとう」と言えたこともとっても嬉しかった。心の底の気持ちをきちんと向き合って伝えられた時こういう気持ちになるんだと思った。

11月の最終週に今の彼氏と出会って、毎日会ってた。

 

12月

今の彼氏と付き合うことになった。こんなに早いスパンで付き合っていいのかな?と思いながら付き合ってみて、前の彼氏と全然違ってて本当にそこがよかった。付き合えて遊べてよかったなと思った。2017年は1年付き合った彼氏にフラれたり大学入学から仲良くしてた友達に絶交されたり本当に最悪だと思っていたけど最後の最後にこの人と出会えてよかったなあと思うくらいだった。バイトにどんどん行けなくなったからそろそろラブホバイトやめたい。新しいバイト何しようかな。

 

ってこんな感じかな。

なげー!もっと一言でまとめます、来年は。

それではあけましておめでとうございます。

今年もこんなわたしをよろしくお願いします。

 

ちなみに、2017年に書いたブログのエントリータイトルのプレイリストを作りました。

Apple Musicに加入している人はぜひ。

https://itunes.apple.com/jp/playlist/2017-エントリータイトル/pl.u-DdANrX5Tj4R3K7

 

あと個人的に2017年に知って好きになった曲でもプレイリスト作りました。

https://itunes.apple.com/jp/playlist/2017年に知って好きになった曲/pl.u-9N9LX83CjM5gAZ

 

これで本当のおわり!

アンニュイ

 

 

あなたが言いたいセリフだろうけど

あえてわたしが言うんだね

 

朝からモヤモヤしている

なにがなんだかわからない

 

わたしのせいなのかな?

結局過去現在未来は同時に存在しているものではなくて、ずっと繋がっていて、全て過去のわたしがしてきていたことが、現在にしわ寄せしてきているのかな?

昔のことなんか関係なくなるんじゃないのか。

昔も今も一緒なのか。

わたしは変わっているはずなのにおんなじものと見られてしまうのか。

昔に仲良くしていた人と今も遊んでいたら同じになるのか。

わからないから怖いんだ。

 

過去をちゃんと見つめきれていないってなに?

わかんない。あなたの考えていることが全くわからないの。

けどそれでわたしが傷つけてしまったことは本当なのでなにも言えない。嘘はつきたくない。このままのわたしを愛してってただのエゴ。

わたしはいつになったらエゴから抜け出せるのかなあ、いつまでそんなことやってんのって友達に言われた時本当にその通りでなにも言えなかった。

いつまでやっていけて、やっていけなくなるのか。

 

もうあなたになんて声をかけていいのかもわからないや。

 

アンニュイ by The Wisely Brothers | Free Listening on SoundCloud

 

Burning Friday Night

 

ウイスキーを飲み干して

今夜あなたの視線に酔いたい

 

恋は盲目だと思う。

自分も、みんなも。

 

恋をしている間は絶対にその人のことを信じているし、疑わない気持ちを持ち続けている気がする

 

だからツイッターとかインスタグラムで手放しで幸せを喜ぶ表現をすることがとても怖い

それが壊れたとき恥ずかしいし悲しいし寂しい気持ちになる

全部嘘だったのかなって思う

わかりあうことなんか絶対できないのに、この人はわたしのことをわかってくれるし、わたしもわかってあげられると周りの人にアピールすることが怖い

でもほんとはそんなこと考えずに手放しで喜ぶ方が楽しいし幸せなんだと思う

終わる時には終わるんだから終わってない時からそんな心配するだけ無駄なんだよね

全部いつか無駄になってしまうんだし

 

ツイッターで、セフレだった好きな人が既婚者だったというストーリーを間近に見て切なくなった

わたしもいつかそうなるのかなあ

いつかはいつなのか全くわからないけど

明日かもしれないし1ヶ月後かもしれないし1年後かもしれない

わからないから心配するだけ無駄なんだとは思うけどさ

いつでも手放しで幸せを喜んでいたいしね

 

自分と相手は完全に違う人間なんだということをいつでもわかっていないといけないと思う

わたしはこう思うけどっていうことを相手に押し付けずに人間と付き合うことはとても難しいけど、そこが1番大事なんだろうなあ

わたしと、あなたが、違う人間だということを完全に気づくことができないとやっていけないんだろう

それがたとえ家族でも恋人でもどんなに仲の良い友達でも

 

わたしはそれで恋人も仲のいい友達も失ってしまったので、なおさらそう思う

どんなに趣味が合って、話があって、感覚が似ていると感じられても、絶対に絶対に絶対にわたしとあなたは違うものでその溝はなにかで埋められるものではない

 

だから恋して、相手を思いやって、尊敬していかないとうまくいかないんだよね

 

むずかし!

 

あまい

 

君が買ってきた魔法のダウニー

フワフワのタオルにふたりくるまって

今を生きるなんてもう古いでしょ

なるべくずっとこうしていようよ

 

大森靖子さんのあまいという曲の歌詞のこの部分が1番好き。

 

最近新しく彼氏ができた。Tinderで知り合った人で、その人と会おうって話してた時期にはもうTinderで男と出会うのに嫌気がさしてて、会う前からこの人と会ってTinderで男と会うのやめようと思ってた。だから、その人と付き合うことになってタイミングがなんかすごいよかった。

初めて会って、泊まって次の日に別れた時にこの人とはまた会うんだろうなあって思ったから、今までTinderであった人とはちょっと違う感覚を感じた。

 

一緒にいることがすごい楽しくて、音楽の話もできて、真面目な話もできて、年は1つ下だけどそんなこと全然感じさせないし、わたしの感覚とその人の感覚が合っている気がする。

 

この人と過ごせば過ごすほど、あまいの曲のことを思い出してしまう。

 

誰にもわかって欲しくないから日記に書かないしあわせ

絶対に、誰にもわたしの幸せをわかったふりをして欲しくないからインスタグラムに2人の写真を載せたりなんかしないと思う。まあ、欲求に負けて載せてしまうのかもしれないけれど。

 

君が買ってきた魔法のダウニー

柔軟剤が欲しいと話したら、僕が使ってるの買ってきますよと言って本当に買ってきてくれた。ダウニーじゃなくて、ファーファだったけどこの時ばかりは本当に感動した。歌詞の通りじゃん!ってなった。

 

ちゃらんぽらんだった君の方が

ちゃんとしちゃうくらい甘えちゃう

わたしの方が年上だけど、一緒にいるとめちゃくちゃ甘えてしまう。

「お風呂はいって」とか「歯磨いて寝て」とか言ってくれて、生活をきっちりしていて、そういうところはすごいなあと思うな。自分はきちんとできない人だから。いつまでも甘えてばっかりいられないけどねえ。

 

大学の先輩の中で、お兄ちゃんみたいにわたしが慕ってる人がいるんだけど、その人に

「あんまり新しく彼氏できたことを友達に言いたくない、あんなにわめいて泣いて別れて、1人になったら死ぬとか言ってたのに、結局すぐ彼氏できてるんじゃんって思われたくない。」

 って話したら

「1人でいたら死ぬんだから彼氏できたんだろ、そんなのわかるやつとだけ友達でいればいい」って言われて確かになあってなった。

 

わかってくれる人はわかってくれるし、そういうのわからない人は一生わからないんだろうなと思うな。

 

わたしもわかってあげられる人になりたい。いつでも。

 

fly me to the mars

 

次に住むなら火星の近くがいいな

 

埼玉大の学園祭に向かっている

久しぶりに埼京線というか、埼玉に向かう電車に乗った。

わたしが埼玉に向かう電車に乗る時はいつも前の彼氏の家に向かう時だったのでそのことを思い出してしまい、もちろんその時もミツメを聴いていたのでフラッシュバックとノスタルジックとなにがなんだかわからなくなった。

お前のせいで、埼京線宇都宮線と、湘南新宿ライン高崎線の違いがわかるようになったよ。

もう大丈夫で、もう忘れたんだ、と思い込んでもいろんなきっかけで、たくさんの記憶が思い出されてしまって、ただ生きているだけなのになんでこんなにつらいんだろうと1人で悲しくなってしまう。

そのことは誰かに話しても共感できるものではないような気もするけど、誰かに話したい気もする。意味ないのかなあとかも思うけど。

 

Tinderで男の人と2人くらいと会った。今は違う人とやりとりをしていて、最近はやりとりしながらなんだろうなこれと思い始めてしまった。意味ないのかなあとかも思うけど。

 

チャットモンチーが解散するというニュースを聴いて1番最初に思い浮かんだ曲が恋愛スピリッツだった。

 

今まで1つでも無くさないものってあったかな

今まで1つでも手に入れたものってあったかな

どうか無意味なものにならないでね

今すぐ意味のあるものになってね

 

意味ないものを意味のあるものにしたい。

 

最近のこの空虚な自分をどうにかしたい、からっぽだ。誰かといる時はからっぽな自分を必死に隠しているけれど、ふとした瞬間でからっぽだなと再認識してしまう。空洞には何かを詰めるしかないのかな。

 

ロロ 「父母姉僕弟君」を見て

 

思い出すって、忘れることを前提にした言葉なんだよ

 

掛け算の九九は言えるのに、わたしのことは忘れてしまうんだね

 

忘れたくないって思ってるのに

忘れてしまうんだよ

 


忘れないでね
いつまでも、忘れられないままあなたの心の中にいたいなあ
しにたくないな

前の彼氏のことをめちゃくちゃ考えてしまった観劇だった
わたしが忘れたこと忘れられないこと
あなたが忘れたこと忘れられないこと
お互いに何かあるはずなんだと、思って生きたいな
いつか忘れられても、ふとした何かで思い出すことがあれば嬉しい
それはわたしも同じで、いつか忘れてもふとした何かで思い出すことがあるんだろうなあ

思い出は美化されてしまうけど、カメラロールの中の私たちはいつでも笑っているよ

 

思い出をそのまま冷凍保存して、いつかと今と未来を同時に体感して生きたい
冷凍保存されたキラキラのわたしたちをいつまでも閉じ込めておきたい
好きな時に冷凍庫から出して見返したい
そしてまた新しい思い出を冷凍保存するんだ
いつかも今も未来もすべて

 

自分の世界を自分で作りたい守りたい
絶対に、誰にも邪魔させないよ

 

おはよう、こんにちは、おやすみ

アイラビュー、ハゥアーユー

はじめまして、久しぶり

さよなら、またね、ばいばい

 

 

忘れられてもいつかまた、会えるよね

胸いっぱいのわたしのキラキラを、胸いっぱいにあなたにあげたい

忘れないうちに

 

 

 

銀河鉄道の夜

 

3年生の学祭実行委員としての仕事が終わった。まだ仕事が残ってる人はいるし、反省会はまだあるけど、実質引退で1つの区切りがついたのかなと感じた。

 

実行委員をやっていて、いろんなことを思ったし、話したし、傷つけてしまうこともあったかもしれないし、憤りを感じたこともあった。

 

自分の企画をするうえで、自分の頭の中で考えてることを全て実現することは難しくて妥協してしまったこともあった。

でも終わった今はもっと上手くやれたかなとか、もっとできたなあっていうのはあるなあ。これは去年も思った。すぐ諦めて妥協してしまうくせに、終わった途端にそう思ってしまうことはよくないところだと思う。やり残したわ、と思うことはtofubeatsを呼べなかったこと。

 

今年は特にやめてしまった人のことや、実行委員会を引っ張る人たちのことや、自分が他に入っている軽音のサークルのことを考えすぎてしまった。

 

やめてしまった人に対して、なんで辞めちゃったのにまだ続けてるみんなに受け入れられているんだろうとか、「もうすぐだね、文化祭頑張ってね」って言えるんだろうって、思ってしまった。わたしだって、早くいち抜けたしたかった。続ける意味ないかなって思いながら続けたよ。でも、続けてよかったな。わたしだってと思いながら、やめてしまった人に対するモヤモヤがあったまま、文化祭期間を迎えてしまったけど終わってからはそのモヤモヤは無くなった気がする。やめないでよかった!わたしの方がいちぬけしたんだ。

 

実行委員会って、有志団体で文化祭の運営をしたいと思ってみんな集まってるんだと思う。だから、なあなあに実行委員として過ごしてる人はなんで実行委員になったんだろうってすごく感じた。みんな、何かやりたいことがあって実行委員会に入ったんじゃないのかな?って。

何にもないのに、なんで入ったの?って。

サークルとかと違うんだってことをわかっていてほしいし、一人一人の文化祭に対する気持ちを知りたかった。

 

たくさんの人で何か1つのことをすることはとても難しくて、難しいからこそ、素敵だと感じられる。そしてその自分たちが作った空間を楽しんでくれる人たちがいる。そのことは何かに代えられるものではないと思う。

そう思える経験ができたことがわたしにとって1番のことで、実行委員会に入って本当によかったと思えることだな。

全ての片付けが終わって最後の会議で泣いてるみんなを見て、みんながんばったんだなと思ったし、がんばったねって抱きしめてあげたくなった。

 

わたしは、今までもこれからもずっと、そういうすてきな経験をさせてくれた実行委員会のことを愛しているよ。

迷惑かけてごめん、そして本当にありがとう。

 

 

ハロー、

今きみに素晴らしい世界が見えますか