プチャヘンザ

 

出会った時から

ダンスをする運命なの2人は

ちょっとずつ近づく距離に

ドキドキ

ドキドキよ

 

tengal6という、リリカルスクールの前身ユニットの歌です。テンギャルシックスと読むらしいんだけど、元はTengaが出資してできたユニットだからその名前になったらしい。ラップスタイルのアイドルということはリリスクと変わらないけど、名前の由来そういうのだったんか、と思った。逆にリリスクはなぜリリスクになったのか…。

たまたまこの歌をサンクラで聴いて良いなあと思ってたんだけど、思いつきで調べたら好きなアイドルであるリリスクの前身ユニットだったし、この歌の作詞作曲はtofubeatsさんだったし、好きなものは間違わないなと思った。

https://soundcloud.com/tsunodai/tengal-6

 

 

そういえば今日は7月14日だった。周りの誰かの誕生日とかではないけれど、このブログの中では大切にしてきた日だったので思い出した。

2018年の7月14日は地元にいて、わたしの中学の友達と高校の友達と大学の友達と4人で遊んだ。わたしを中心にコミュニティができてる感じが面白くて、みんなほぼ初対面なのに居心地が良くて楽しかった。

車で海に行ってかき氷仲良く食べて、#仲良しっぽいって高校の友達と流行ったタグをつけてインスタにあげて、4人で神社行っておみくじ引いてアイス食べて、地元の飲み屋街でやってたバルに参加して「大人になったみたい」とか言って酒飲んでつまみ食べて、ディベートしてタクシーで家に帰った。

平和すぎる!わたしが望んでたものこれ〜と思った。明日になったらES 書かなきゃいけない、ゼミのレポート書かなきゃいけない。東京戻ったら履歴書も書かなきゃいけない。webテストも受けろと言われていた。

やりたくないことばっかだ。

 

最近は生活をするというよりも、日々を消費するために生きてる感じがした。就活して、バイトして、たまにゼミ行って、バイトない日は夜飲んで。せわしなく動くことが自分は好きだったんだけど、今回の帰省では大学の友達と地元のでかい公園散歩して、商店街の本屋でそれぞれ本買ってカフェで本読んでってのんびりした休日を過ごしてとっても気持ちよかったと感じられた。

生活ってこれだよねえ。日々を丁寧に過ごすこと。

午前中に起きて家の掃除して、午後はのんびり本読んだり映画見たりして、料理作って食べて寝るみたいなやつ。

 

東京に帰ってもできるようにしたいと思いました。

今年はそんな7月14日。

 

 

 

いたいけな惑星

 

どこか遠くへ行ってしまう前に

これがハッピーエンドと教えてよ

僕にだけそっと

構わずぎゅっと

その感覚を余すことなく伝えてよ

 

Momくんって同い年のラッパーの歌です。

サウンドクラウドで聴けるよ。良さしかないので聴いてほしい。

https://soundcloud.com/akihiko-karibe/itaikenawakusei

 

 

2月あたりからなんとなくメイドカフェのバイトしているんですが、

ちょうどおんなじタイミングで入って新人として仲良くなった女の子がいて、その子と昨日の出勤がたまたま被り、ラストまでだったし

久しぶりに会ったからたくさんお話ししたんだけど、その子の本当の名前を知ることができて嬉しかった話。

 

今まではたまたまシフト被って

久しぶり〜!最近どう?って話してただけだったんだけど、

昨日会った時はもう辞めるかもって話ししてて、やめちゃうの?!ってなってその子の上がり時間まで待ってお話してた。

やめちゃう理由は、やっぱおじさんがうざいってことと、先輩メイドが偉そうにしているということ。わたしも同じこと思ってたからわかるわかる〜〜!!となった。

おじさんはお金払ってまで女の子に優しくされていて、メイドカフェを居場所にしている人が多いけど、本当にそれで良いのか?と思ってしまうな。10も20も年下の女の子に優しくされて、いつか動かなくなるまで、そのまま人生終えたくねえ〜〜。本気で付き合えると思っている人も何人かいて、素直にすごいなあと思う。

 

先輩メイドさん達はメイド歴が長いからこそプライドがあって、そりゃわたしなんかよりも話はうまいしお客さんとも仲良しだけど、いつまでメイドを続けるんだろうか。

その仲良しな女の子はちゃんと就職先も決まってて、その子は「社会に出たら社会的に見ると社会人とメイドなんだから、メイド長くやってるだけでそんなに偉いのかな?!」と愚痴っていた。確かになぁ。なんだかなぁ、社会とはなんだろうなぁ。という気持ちになった。

わたしが社会に出て、社会人1年目になって、会社の部長とか偉い人がメイドカフェメイドさんにたくさんお金使ってたら相対的に見るとメイドさんが一番上なのかな?とかね。

まあこの話はどうでもよいんですが。

 

その仲良しの子にわたしの本名を聞かれて、

あすみだよと言ったらすごくいい名前だね!と言われてとても嬉しかった。

千と千尋の神隠しでハクが千尋に「千尋か、いい名だ。」って言ってた時の千尋みたいな気持ち。千という仮の名前ではなくて自分の本質を褒められたみたいで嬉しかったはずだよ千尋は。

その子の本当の名前はナオちゃんで、それもやっぱりいい名前だなと思った。源氏名よりその子に似合ってる気がした。親がつけてくれた名前っていいんだよなあ。

そしてそのナオちゃんとわたしの名字が一緒でめちゃくちゃにテンションが上がった!

こんなことってある?神さまありがとう。

嬉しくて社員さんに報告したら、「わたしは知ってたけどね〜」と言われた。そりゃそうだ。

他のメイドさん達でも同姓同名同士の子たちもいるらしい。

同姓同名なのに他の名前で働いて、それがわかりあえないままなのすごいよね。メイドカフェってどんな空間だよ。

 

って思った昨日のバイトでした。ナオちゃんは今日の出勤で辞めるって言ってたけどいつかまた会えるのかなぁ。

会いたいな。

 

 

 

青草の匂い

 

SaToAのスリーショットというアルバム、素晴らしすぎる。朝でも昼でも夜でもいつ聴いても良い。合わない時がないな。SaToAになりたいわ、もはや。

 

 

7月ももう1週間経とうとしていますね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。てかもう7月って早すぎない?時が経つの早すぎて追いつかなくてしんどいです。まだ5月くらいでいたいよ〜〜つらいよ〜〜。

 

 

昨日もお酒飲んで酔っ払って、記憶あるけど気絶して朝6時に目覚めた。気絶して起きた日はほんと朝目覚めが早すぎて何していいかわかんないんだよな。散歩でもするかな。

 

 

好きな人には会えないし、頼りにしてる友達も家が遠いな。くそ〜自分でなんとかしなきゃいけないのわかってるんだけど、死ぬまで人に頼りたい。

 

 

どうでもいい男の子からラインが来て、池袋で飲んでるから来て!って、なんでわたしが行くと思った?こうして消費されていくのだなあと感じた。セックスはしたいけど、どうでもいい人とセックスしたらまたダメな自分になってしまいそうで怖いから好きな人とだけしたい。けど好きな人には会えないんだよなあ。うーん。自分で自分を消費してしまうのかなあ。どうにかなりたいねえ。

 

 

 

さっきあったことの話

 

朝家に帰ってきて落ち込みながら一個前の記事を更新し、寝ようと思って目をつぶった。


明晰夢を見た。

とても真剣に覚えている。

小学校の体育館の上の自由に遊べるスペースのようなところで大学の友達ときゃっきゃしていた。しばらくしていたら儀式が始まって、わたしは儀式に参加する。暗いスペースの中でわたし達は黒い衣装を着ている。

 

儀式中に見知らぬおばちゃん2人くらいが現れ、松明の下でタバコを吸い始める。

見知らぬおばちゃんは親族の設定で、この世界ではある程度歳をとらないと女性はタバコを吸えないみたい。なのでわたしはタバコを吸うおばちゃんを横目に羨ましがっていた。

 

儀式が終わり、親族で記念撮影しようとなる。しかしなかなか始まらない。つまんないなと思っていたわたしは、床に変な虫が動いているのがわかる。イモムシがタイヤのように丸くなったやつが2つあって、その2つの真ん中に大きい蜘蛛みたいなやつが繋がってる変な虫。イモムシタイヤが回ることによって動き回っているそいつが、気持ち悪すぎてなんだこれは?夢かな?と思いそこで夢の世界にいることに気づく。

 

前から明晰夢に興味があったわたしは、ビームを撃ってみようと考える。どうしてもビームを撃ってみたかった。

両手を前に出してビーム撃つ。光った。撃てた。

ビームの反動でわたしの体は後ろに吹っ飛ばされる。

壁に叩きつけられても全然痛くない。そうだよこれは夢だ。

 

ビームを撃ったわたしを見ていた友達に

「あすみもようやくビーム撃てるようになったんだね」と笑顔で話しかけられる。

嬉しかった、ようやくビームが撃てるようになった。

そこから次は瞬間移動しようと試みる。体が動かなくなる。あ、ヤバイかも。

 

現実に戻ろうと目を覚まそうとする。体がある映像は見える。枕の上にケータイがあって右腕と左腕がある。左腕、動いて。動いて。確かにそこにある、いつもの左腕を動かす感覚で動かせない。右腕は動かせた。なんでだ?どうしよう。たまらなく不安になった。

がんばれわたし!目をこじ開ける。ここでようやく現実に戻れた。とっても怖かったそして疲れた。疲れからまた眠りたくなる。

 

でもそこで寝てしまったらわたしは一生現実に戻れない気がして、死ぬまで寝て、動かないまま死ぬのかなと考えてしまってこれを書いています。明晰夢を見ていた時間はほんの10分くらいだったけど夢の中の体感はとっても長くてやっぱり夢だと思った。

 

戻れない夢の世界でまたビーム撃ちたい。

 

 

 

イメージの中で叫んだ

凪の空 昼の月

浮かんでいるから

手を振るストーリー

見ないうちに大きくなったのか

 

ナツノムジナ、夏という感じで良いよね。

 

また心がダメになってしまったんですが、なぜダメになるのかを考えていきたい。

やはりそれは自分で自分の行動とか考えとかを認めてあげられていないからだと思う。

就活とか恋愛とかセックスの話とか、他人から大切にされている実感を感じられない日々が続いて、自分で自分を大切にできていないから、他人に大切にされることを求めているのに、それもされないから、「あ〜〜この辺で死んでおくかな」みたいな思考になってしまうよな。

喉の奥の届かないところにわだかまりがあって、消えずにずっと抱えていて、友達といる時はそのわだかまりの存在を忘れられるんだけど、1人になるとわだかまりが死ぬほど大きくなって吐き気がして泣いてしまう。ここ最近毎日こんな感じ。

壁にうつ伏せになって壁の冷たさを感じながら吐き気と戦いながら眠れる時間を待つ。寝ることがなかなかできない。

 

早く吐いて楽になりたい。

 

もうどうすればいいのかわかんないだよな。

 

 

WORLD'S END

 

神さま ごめんね

誰も知らない場所で最後のキスを

目がからむ光 包まれて

2人のワールズエンド

また会えることを願う

さよなら笑ってBABY

世界の終わりに2人でいよう

神さま ごめんね

 

lyrical schoolの、新しいアルバムの1番最後の歌。本当にこのアルバムはアルバムとしてストーリーが完成されてるから聴いてみてほしい。

 

前に記事に書いた、直近で別れた元カレにまた戻りたいと話して、無理ですとなりました。

まあそうだろうなあっては思ってたけど、昨日2人で遊んで楽しかったのでやっぱり悲しかったし寂しかった。

もうわたしはあなたにとって必要ではない人になってしまったんだと思ってしまって、それを伝えたら必要とか必要じゃないとかではないよと言われてしまったけれど。

どうしても考えてしまうなあ、そのことを。

去年の9月にフラれた元カレと最後に遊んだことを思い出して、その時も別れ際にめちゃくちゃ駄々こねてしまったなあと思った。

それでさらに嫌われてしまうんだけど。

 

元カレ的には、喧嘩別れとかじゃないから普通にこれからも会うし俺は友達だと思ってるみたいなこと言ってたけど、わたしはなんとなく変な感じがしてしまう。今までの元カレと友達になれたことないからかな。てか一回付き合ってセックスもしてるのにそれからまた友達になれるの?一回ヤったその辺のどうでもいい男とは違うんだよ、お互いに特別だと思っていた時期があるんだよと思った。まあ考え方の違いか。「考え方の違い」ってめちゃくちゃ簡単な言葉で片付けてしまうのは寂しいけど。

 

フラれた後、大学の先輩とお散歩した。前もフラれた時その先輩に会って、フラれた〜〜と話してめちゃくちゃに泣いたんだけど、その時に「フラれたりした後に俺に相談してくる人はすぐまた新しい人見つかるから」と言われて、まあすぐできたので(2ヶ月後くらい?)そのジンクスをまた信じたいと思った。その先輩はいつもわたしの話を聞いてくれるし、自分の話もしてくれるのでとっても好きなんだよなあ。いつもダメな時助けてくれるなと思った。助けてくれる人はおんなじなんだよな。

 

来週は説明会四つもあるし、バイトもあるし、なんか大変だな。うまくいかないよねいろんなことが。まあ〜〜がんばるしかないのかな。

でもとりあえず、もう寂しいからその辺の男とヤるとか、酔っぱらって記憶なくすとか、そういうことを辞めたいと思っているので(実際最近は実行できている)、これは自分と約束したいと思っています。

みんなもがんばっていこうね、がんばらなくても休みながらいこうね、

そしてお疲れさま、わたし。

いつでも自分が選んだ道が最善で最高です。

 

 

 

 

 

美しい重なり

 

なくしたものにしがみつく

新しいものが見えなくなる

そんな気持ちも

わからなくはない

少し思ったことがあるんだよ

なんでもない日は美しい

夜はおやすみ

明日もまた会えること

 

空気公団の新しいアルバムの一曲目。

泣きそうになってしまうな、綺麗な歌だ。

 

最近のわたしのこと

長いぞ〜。

 

またお酒を飲んで記憶をなくしてしまった。

こういうところ本当にダメダメだと思う。

記憶なくしたまま元カレに電話してしまって絶対嫌われたと思う、もうだめだな〜。本当に悲しいな。

もう会ってくれないのかな、会ってくれないならなんでそんなこといってくれたのってくらい嬉しいこともその後言ってくれたけど、もう何が何だかわかんないな。とりあえずまた会っていろんなこと話したいな。

 

気持ちが落ち込んでたので久しぶりに高校の時のメールフォルダを見た。本当にバカみたいなやりとりしかしてなくて笑って元気でた。

大学受験の時のカテキョーの先生に送っていたメールを見て、今就活とセンター後のわたしが同じような気持ちを抱いていたことを気づいた。その時の先生からの叱咤激励メール保護してありました。いい先生に恵まれたと思う。就職先決まったら連絡したいよ。

 

向坂くじらさんに会って、就活の話などいろんな話をした。いろんな話を聞いてくれた。

がんばり不感症のわたしは、案外ストイックなのかもしれないと思わされた。やはり、自分ではなく他人を通してしか自分のことはわからないのかなあって感じるな。

 

就活エージェントとの面談で、いろんな情報に敏感になった方がいいかもしれないですね。と言われてNEWSPICSをオススメされた。高3の時にカテキョーの送り迎えの車でめちゃくちゃ読んでた記憶ある。久しぶりにインストールして昔のわたしがPICしてた記事とかコメントとか読んだけど、この時の方が真剣にいろんなことをインプットしていたなあと思った。高3のわたしえらいぞ!

 

好きな女の子と新宿シネマカリテで「君の名前で僕を呼んで」を見てきた。とっても綺麗で、純粋な2人の愛の話。見せつけられたなあ〜〜

わたしもそういう恋愛をしたいよ、純粋にお互いを思い合って、うまくいかないこともあるけれど、素敵な恋だったと思える時がくるような、そういうやつ。見終わった後になんか妙な清々しさがあって、よかったなあと思った。まだやってるので見てない人はぜひチェケラー!

 

ということで、映画を見た後いつも思うんだけどやはり常に文化的に生きていきたいということは思うな。カルチャーに触れていたい。そうやって生きていきたい。映画をたくさん見よう。演劇も見に行こう。美術館もいいなあ。読みたい本もあったんだ。たまには散歩もね。

世の中のことにも触れて、インプットを忘れないでいよう。

 

 

高3の時、なぜあんなにNEWSPICS読んでたかというとツイッター辞めてたからだった今思い出した。ツイッターやめようかな、、、、、。