読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのこと

 

 

久しぶりに自分の心が追いつかなくて泣いてしまった

もういろんなことに耐えられなくなってなんでもないふりすることができなくなってしまった

 

朝早くに起きてバイトする生活も

たくさん一緒に遊んでた一個上の先輩たちがみんな就活の話をすることも

同期が就活準備講座に行くことも

懐かしい思い出話が2年前のことになってしまうのも

耐えられない

しんどい

 

わたしはいつでも今を生きていたつもりだったのに最近は昔のことばっかり思い出してしまう

心が今についていけなくて

いつまでも先輩と遊んでしまって

同期が嫌いとか後輩が嫌いとかではなくて

みんなはいつでも今を生きてるのにわたしだけついていけてないみたい

本当にどうすればいいの?

 

今日授業で価値観の多様性の話を聞いたんだけど

大学6年生になって卒業していった生徒が在学中に就活もしないで外国に行ってたらしくて、それを聞いた先生がちゃんとしなきゃダメだよ的なことを言ったらしいんだけどその言葉に対して

逃げちゃダメなんですか?と返されて、確かにそうだよなぁって先生が思ったっていう話。

逃げちゃダメなんですか?って本当にそうだと思う。

逃げてもいいんだよっていう価値観が認められてもいいはずなんだよ

 

 

2年前とはいろんなことが変わってるはずなのになんでこんなに昔を思い出してしまうんだろう

なんでこんなに変化を認めたくないんだろう

 

わかんなくて泣けてくる

 

最近、同期と一個上だけの空間がめちゃくちゃ好きでそれって1年生のころに戻った気持ちになるからで、そのことを今日思い出して思い出話を共有して、センチメンタルになって、彼氏と会ったけど途中までよかったのに最後に彼氏がうちに泊まる予定だったのにやっぱり就活で疲れてるから帰るみたいに言い出してなにそれって思ってでもそんなんわたしのエゴだし本当に意味ない迷惑かけるだけ

 

 

逃げてもいいですか?