読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20140803

 

 

今日はお通夜にいった。

なにがなんだかよくわからない気持ちになった。

 

友達と一緒に式場に行って、故が名前についている看板を見て、故なんてつけるなよと思ったし実感してしまった。

式でのマナーみたいなものを散々調べてこうやるぞ!って思ってたのに実際は涙が出すぎてしまってうまくやれなかった。感情がこんがらがっている時にマナーもクソもないだろ。遺影を見た瞬間に泣いてしまいそうになってこらえたけど結局無理だった。

大学の関係者の中でわたしの代で来ていた人は誰もいなくて、わたしが行ってもいいのかなと思ってしまったけど行けてよかったと今は思う。付き合ってきた年数としてはわたしは1番短くて他の人に比べたらなにも知らないのかもしれないけれど、関係性において比べることなんてできないんだろうなとも思った。わたしはわたしなりに、他の人たちはその人たちなりにたくさん思うことがあるし、そこは誰にも変えられることはできないことなんだと思う。対面したお顔を見た時、苦しくなって涙が止まらなかった。結局なにが言いたいのかというと、いろんな感情が混ざってよくわかんないなあってことだよ。気持ちを100%言葉にすることなんてできないんだ。

 

このことがあって、自分がもしなくなったらどうなるのかなと考えた。今仲良くしてくれてる友達はちゃんと式に来てくれるのかな、でも地元は青森だからたぶん青森で開催されるだろうし、そうしたら大学の人なんて誰にも会えないんだろうなとか。お金がかかって家族の負担になるな、とかタラレバばっかり。こんなこと考えるなんて意味ないし、それをブログに書いてネットの海に流すことはもっと意味ない。

わたしが書きたかったのはこんなんじゃない。ってこれは友達のブログのパクリ。

 

ついに友達のブログにわたしのことが出てきてうれしかった。

 

ってここまでは昨日の夜書いたやつ。

 

世間ではGWが始まってるのになんにもできずにまだ布団の中だ。

 

始まりはいつだって大胆なんだけどその時は気がつかない。