読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちは世界を変えることができない

 

今日授業でゴイステの若者たちの映像を見た。ロストジェネレーション世代の音楽で青春パンクっていうテーマだったんだけど、その映像の銀杏BOYZのみんなはめちゃくちゃカッコよくて、衝動という感じがした。今の自分にこの衝動は手に入れられない気がした。

 

最近は週3でバイトしている。偉いね。あと前よりも鬱だなみたいな気分になることが少なくなった。彼氏の影響かな、存在しているだけで、こんなに変わるなんて、めちゃくちゃすごいなあ。鬱にならない、だからブログ更新できていませんでした。このブログは悲しい時とかに書いた方が気持ちいいから、できるだけ悲しい時に書く気になれる。

 

もうすぐ成人式でその話を中学の友達とかとするけど、ほんとに5年ぶりとかに会う人間に「久しぶり〜変わってないね〜〜!」って言われるのも「久しぶり〜変わったねぇ!!!」って言われるのもやだ。お前らにわたしのなにがわかるんだよって気持ちになる。

成人式のために久しぶりに中学の友達と連絡とりあったりしたけど、自分が中学の時から変われてない気がしたし、中学の友達と連絡してるとその時の自分が蘇ってくるような感じがした。結局いつまでたっても変わることって難しいんだよね。あと何かをやめることもわたしはとても苦手。人に嫌われたくないから、やだなあ。

 

 

これ昨日書いたのに疲れすぎてこれ開いて電気つけっぱで寝てた。

今日これからラストまでバイトやだ、やめたい、お金は欲しい。

あーあ、都合いいな、自分。

 

自分が誰かの当たり前になっても、自分は当たり前になりたくない。

当たり前を感じて痛くなくなるんだ。

 

女の子だけもらえるポケットティッシュもらって帰ろ