読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生kill

好きなひとからのライン、メンタルが死んでしまって気持ち悪くなっちゃって返せなくなって、放置してたらまた、生きてる?ってラインきちゃってそれにも返せないのでブログを書きます。ごめんね、生きてるんだけど、ライン返せないの。今日はずっと会いたいなと思ってた常連さんに会えてハッピーなバイトでした。蟹をむいたよ。なんでラーメン屋の仕込みで蟹むくんだよ、と思ったけど前に甘エビもむいたことがあります。今日バイトの帰りに考えてしまったのは若い女の子についてです。自分はもうすぐ2年生になるんだけど、わたしの大学では2年の女子は2女と呼ばれてて1女、3女、4女みたいに呼び名があります。華の1女、嫉妬の2女、諦めの3女、悟りの4女。みたいなうたい文句?もあってそこからでもわかるんだけどやっぱり女の子は若い方が1番いいんだよなあっていうこと。そりゃ22歳より19歳がいいよねえ。でも男の子はあんまりそういう年齢での差別?みたいなことが無いよなあって思った。逆に男は若いより年上の方が頼り甲斐があるとか、成熟してるとか、見られがちじゃないですか。なんで女の子は若い方がいいんだろう。子供を産むから?生命力があるから?そりゃみんな年取りたくなくなるよ、女の子はね。ガールズバーで聞かれてもないのにアタシ20歳なんだよ!と言ってくる女の子は、若い自分に価値があることわかってる女の子なんだよ。自分も周りも年をとって老けていくし、時の流れには逆らえないから1年ごとに年が離れた若い女の子がたくさん入ってくる大学こわい。でもこんなに年齢気にするのも大学までなのかなー、23とか24になったら22の新入社員の女の子になんかこわいと思ったりしないのかしら。なんで自分は女の子なんだろうって何回も思ったけど、年齢で一喜一憂できるのも今の世代の女の子しかできないことなのでしておきます。でもね、いつでも1番強いのは女子高生って決まってるんだよ。おやすみ。