読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨の日

明日から家族旅行なんですが、荷造りがひと段落したのでブログ書きます。


昨日久しぶりに大好きな友達(Kちゃん)と会ってご飯食べて散歩したんですが、わたしがここ最近ずっと感じてたなんか物足りないなっていうのがなんなのかその子と話しててわかりました。まあTwitterにもぐちゃぐちゃ書いてたんですけど、自分はわりと世の中のいろんなことについて考えてしまう方で、こういうことがあったりするけどそれってなんでなんだろ?とか、この言葉ってこういう意味なのかなあとか。それを大学の友達とかに最近こんなこと考えてんだよね、みたいに話してみてもだいたいみんな「じょむってそこまで考えてるんだね、すごいね」とかって言われてしまって、なんか物足りないっていうかそれで終わってしまう感じっていうか、そうやって言われてその子のことを嫌いになったりとかは全然しないんだけど、こういう風に考えてるのは自分だけなのかなあとか思ったりしちゃって。Kちゃんも大学ではそういう話をできる人がいないって言ってて、もっとそういう風にお話をできる友達ができて帰り道とかに何気なくそんな会話ができると思ってたのに周りはオシャレとか恋愛とかの話ばっかりで大学の人は見限っちゃったって話してて、わたしもすごい納得してしまった。わたしはわりと同期よりも先輩たちと遊ぶことが多いんだけどそれも、先輩はわたしのそういうまじめな話を一緒にしてくれたりするところがあるからなのかなあとか思ったりした。でもKちゃんは、自分は大学でそういう友達を作ることができなかったけど世界のどこかには、そういう理想の会話をしてる大学生がどこかにいるのかと思うと胸が苦しくなるって話しててわたしもそのことに気付かされて胸が苦しくなった。みんなそういうことすら考えないで生きてるんだよなあと思うとなんだよそれってなっちゃったりする。もっといろんなこと考えて、そういうまじめな話してみたいな、なにを考えてるのか知りたいな、でもなにも考えてないのかな、それは悲しいなあ。わたしが最近考えてるのは、女の年齢規範の話。年齢規範ってのは前に大学の授業でやったんだけど、例えば暴走族の年齢規範だと若いうちに暴走してるのはいいんだけどある程度の年齢になったら暴走をやめて、家庭を築くのが当たり前みたいな規範で、いい年で暴走してたら後輩から冷ややかな目で見られたりする、みたいな。それでわたしが考えてる女の年齢規範ってのは、前にフリフリの夢かわいいみたいな服をかわいいなって思って見てたら店員さんに「おばさんになったらもうこういう服着れないですし、若いうちしか着れませんよ〜〜」みたいにすすめられて、まあそれはよくある話なんだけどそっから女の服って年齢規範がめちゃあるよなあ男はそんなことないのにとか思っちゃって、それってなんでなんだろうみたいな。いつまでも好きな服ばっかり着てたら周りから変な目で見られるし、でも男は服に関してそういうことあんまりなくて、その違いってなんで生まれるの?っていうことを考えています。ゆるくいろんなこと考えて、そういうのをいろんな人と話すのやっぱり好きだなっていうのKちゃんと話してて改めて思ったので、みんなお話してね。長くなりました。雨には気をつけて。雨の日はandymoriが聴きたくなるよね。